全てに即答出来ます

体験記

生徒の声

川崎市立南生田中学校2年 女子YKさん 入塾1年9ヶ月 2018年後期中間テスト

川崎市立南生田中学校2年 女子YKさん 入塾1年9ヶ月 2018年後期中間テスト
MVP
国語94点 数学95点 英語98点 理科96点 社会96点
5教科計479点!!

 

今回のテスト対策で1番良かったところは提出物を早く終わらせたことです。
テスト対策コースの期間中は塾のテキストだけに集中したかったため、テスト対策コースが始まる前に提出物の大半を終わらせました。そして今回は冬で部活の終了時間が早くなったのでいつもより長い時間を塾での勉強に費やせました。
教科ごとに数種類の問題を2~3週繰り返し解いたことも大きかったと思います。また、貫地谷学校のプリントは覚えるまでは1日1周、覚えてからは2~3日で1周、テスト直前はまた1日1周と繰り返すことで定着させました。
もう1つ今回のテストで気を付けたことはペース配分です。テスト対策は長期間あるので毎日同じ時間塾に行き、寝る前に宿題を終わらせるようにしました。テスト対策が始まってからテスト当日までやる気を続けさせるために1日の内に何に取り組むのかを考えながら勉強を進めることができました。

生徒の声

川崎市立南生田中学校2年 女子FKさん 入塾9ヶ月 2018年後期中間テスト

川崎市立南生田中学校2年 女子FKさん 入塾9ヶ月 2018年後期中間テスト
MVP
国語91点 数学89点 英語92点 理科91点 社会81点
5教科計444点!!

 

今回のテストでは前回のテストに比べ、合計点数が約40点あがりました。
国語は授業中に配布されたプリントや漢字のドリルを毎日1周はやるように心がけました。今まではテストの2、3日前から始めていた勉強を2週間前からやり始めたことで、何回も問題を解くことができ、頭にたたきこめました。
そのため79点⇒91点に12点アップさせることができました。
数学は全体的に平均点が高かったと思います。今回はサービス問題が多かったですが、期末は難しくなると先生が言っていたので、見直しをしっかりとして、1つでも多く正解ができるようにしたいと思います。
理科は生物分野だったこともあり、平均点は70点後半~80点にかけてぐらいだったそうです。暗記をすれば溶ける問題ばかりでしたが、期末テストの範囲になるところは計算が入るので、しっかりと勉強していきたいと思いました。ノートにオレンジのペンで書いたところを赤シートを使って勉強してみました。
社会は記述問題が4問あり、見直しの時間が少なくなってしまったのが、間違えてしまった理由だと思います。まら、私てきにはフォレスタの映像がとても印象的です。問題をたくさん解き、単元別テストなどで苦手なところをみつけられたのが良かったと思います。
英語は、他の強化に時間をかけてしまったため、テスト範囲を1周も終わらせることができませんでした。しかし、92点という点数が取れたのは普段の学習のおかげだと思いました。単語1つ1つの意味が分からないと問題を解くことはできないので、私は単語の勉強がとても大切だと思いました。

生徒の声

川崎市立南生田中学校2年 女子 入塾6か月 2018年前期期末テスト

英語85点 理科82点 社会83点

5教科392点


今回のテストでは、各教科平等に勉強時間を作ることができたと思います。
今ではテスト3日前くらいから味めていた国語の勉強も他の教科と同じくらい時間をかけました。塾のプリントやテキストの問題もたくさん解きましたが、授業内で配られたプリントや漢字のワークは何回も繰り返し勉強しました。
その結果、14点も上げることができました。
国語以外にも学校で使っている副教材を2~3回繰り返し勉強しました。社会や理科のワークは左側に問題があり、右側には、答える欄があるので、1回目は直接書き込んで2回目以降は1回目に書き込んだやつをかくしながら、ノートや裏紙に問題を解きました。
私は問題を何度も解くことでテストの点数をあげられることができたのだと思います。

生徒の声

2018年前期期末テスト 生田中学校3年 男子 TGさん

入塾最初のテストで点数が飛び上がりました!!
理科51点UP
5教科73点UP


今回のテストでは今までのテストよりも大幅に上がることができました。特に理科がよくできていたと思いました。なぜなら今までの理科のテストはどれも酷い点数ばっかりでしたが、今回のテストで大幅に点数を上げることができました。
他には、社会もそれなりに点数を取る事ができました。それでも直す点は多くあります。まず国語に関しては漢字を練習することと、文章問題での理解力などを補う必要があることが分かりました。
数学では、文章題での方程式などができておらず、やり方も少ししか理解できていない事から基礎と応用ができていないのでそこを補う事が必要だと分かりました。英語においては単語と文法が苦手だったことが分かり、単語練習などをし、特に文法が苦手なので文法の理解と応用の練習が必要になってきました。
このように、テストで良い所も見つかりましたが直すべき所も見つける事ができました。

生徒の声

生田中学校1年男子 RK君 入塾3年 2018年前期期末テスト

2018年前期期末テスト隼MVP

数学100点
英語95点
理科86点
社会86点
5教科439点

今回は中間テストと違い9教科になりとても大変でした。
けれど、どの教科も同じ時間ずつ勉強することをこころがけました。5教科は前と同じようにワークを進めたり塾のプリント、テキストで勉強していきました。もう少し夏休みからしてたなと思いました。数学や英語は毎日復習していたので良い点数がとれました。国語は、教科書やノートを見て復習があまりできなかったので、次は、すべていい点数がとりたいです。実技教科は教科書を見たり友達と問題を出し合ったりしました。振り返りもしっかりしてどこがどう間違えてしまったのかがわかりました。前からの準備が良かったので点数が良かったと思うので、次も続けていきたいです。

生徒の声

2018年前期期末テスト 菅生中学校1年 女子 YTさん

悔しかった前期中間のリベンジ達成!!
次は全教科80点以上だ!!

数学86点
英語90点

今までは好ききらいで勉強をしていて、苦手な所、きらいな所は勉強せず、好きな所、得意な所で勉強していたけど、今回は好ききらいで決めず、おもに苦手な所を勉強しました。
苦手の所を工夫して、自分なりの覚え方で勉強しました。
苦手の所を得意な所にかえて、得意な所はもっと得意になるようにしました。何回も同じプリントをしたり、さらにむずかしいのにしたりして、できる問題をふやしました。
次のテストでは、ミスをなくすためにこまかい所まで勉強して、すべての教科で今回より、たかい点数にしたいです。


川崎私立菅生中学校2年 女子 入塾10か月 2018年前期期末テスト

数学80点
英語85点
5教科36点UP


今回のテストは不安な教科をひたすら復習し、暗記しました。
前回より点がたかかったのは、数学、英語、理科でした。
5教科の合計も前回よりとれていました。数学では図形の問題が多かったです。私は図形があったほうが分かりやすく、ときやすいです。図形があると、問題文にかかれている重要な数字をあてはめれば求めやすいと思います。私の数学の先生はテスト前にテスト練習用のプリントを配っていきます。今回のそのプリントは3年前のテストに出た問題だと言っていました。
似たような問題があると聞き、そのプリントで練習していました。
それと私は説明するのが苦手なので、学校のワークでその部分を徹底的に練習し、まとめもやりました。英語では単語を覚え、教科書にかいてある内容を理解しようとしました。単語は何回もかき、過去形も覚えられました。私は手慣れでだいたい覚えています。スペルが多く覚えられない単語をおもに練習していました。リスニングテストはキーワードを聞きあてはめていきました。
今回の理科では計算する問題がたくさんでてきました。計算では時間が掛かったり計算間違いでミスすることが多かったです。計算の仕方もわからなくなりそうなので繰り返し練習しました。実験するときに使う道具の条件を覚えたり、目もりをよんだりしました。理科の先生もテスト前にプリントを配っていました。そのプリントをまとめとしてやり、復習しました。


川崎市立南生田中学校2年 女子 入塾1年 2018年前期期末テスト

前期期末テスト塾内MVP

英語99点 数学99点 国語94点 理科95点 社会98点

5教科485点 前期中間から16点UP 自己新記録!!

私は今回のテストで全教科95点以上を目標にして勉強しました。
前期中間は先生が変わった教科もあり、どのような問題が出てくるのかがわからないため基本問題から応用問題まで幅広く取り組みました。
家よりも塾で勉強するほうが集中できるので、早めの時間から9時ごろまで塾で勉強することを繰り返しました。
特に理科では、1年生範囲で忘れていたところがあったけど、色々な種類のテキストを何周もしていくうちにだんだん思い出して定着してきました。他の教科でも学校のプリントやワークと塾の数種類のテキストを何回も解いていくうちにかなり頭に入りました。
それで今回のテストでは5教科合計で自己最高点を取ることが出できました。
次のテストでは最初から追い込み過ぎるのではなく、ペース配分を考えてテスト勉強を進めていけるようにしたいです。


川崎市立南生田中学校2年 女子 入塾1年 2018年前期中間テスト

前期中間テスト塾内MVP

英語98点 数学100点 国語78点 理科95点 社会98点

5教科469点

私は今回のテストで塾のテキストを何回も解くだけではなく、学校のプリントにも何度も取り組むようにしました。特に国語は前回点数が落ちてしまったので1日1周ずつ問題と答えを覚えるまで繰り返しました。
同じ問題を何回も解くので出てくる順番だけで覚えてしまわないように、後ろからや途中から解くようにしました。
副教科では教科書やノートを見るよりも自分で何度も書くことで頭に入って暗記しやすくなると思ったので、学校で配られたプリントや教科書、ノートを元にした問題を何度も解いたのでテスト本番でも覚えられたことを発揮できたと思います。


川崎市立生田中学校1年 男子 入塾3年 2018年前期中間テスト

英語99点 数学87点 国語79点 理科84点 社会86点

5教科435点

気を付けたことは、時間の使い方です。1週間前になると部活は無くなりますが、それまでは学校でも勉強があり、時間があまりありません。
なのでテストをするずっと前から勉強しました。
テスト対策の時は、今までの復習だと思ってやっています。毎日コツコツやることで学習したことが忘れずテストでも良い結果が出せます。
他にも、ぎりぎり超えるか超えないかの目標点数を決めることです。
そのおかげで頑張れる力になりやる気がどんどんわいていました。
無理しすぎないことも大切です。テスト前、体調を崩したら意味ありません。コツコツと疲れてたら適度な休けいをとることも忘れず頑張りました。
次のテストは今回のテストより高い点数をとりたいです。


南生田中学校1年 Yさん 後期期末テストMVP

5教科 驚異の450オーバー!!
内申5教科当然のALL5

私は今回のテストで、各教科で前回の点数を越えたいと、と思ってテスト勉強を進めてきました。
結果は10点以上上がった教科や少し下がってしまった教科もありましたが、全体の得点としては上げることができたのでよかったです。
5教科は、基本問題のテキストを2~3周やってから数種類の応用問題をやりました。特に理科や社会は重要語句などを一通り押さえてから応用問題に入ることで、さらに応用力をつけられたと思います。
数学はこれまでのテストで応用問題で落としたところが多かったのでそこを重点的にやりました。学校のワークも2~3周取り組み、そこもテストに繋がったと思います。
今回は副教科の時間も多めに取ることができました。
一番力を入れたのは美術で、穴埋め問題を塾で作ってもらい、そのプリントを何回も繰り返すことで頭に入れることができたと思います。
保険も穴埋め問題を繰り返すことで、本番でも点数を取ることができました。
逆にあまり点数が取れなかった体育、音楽、技家は次回もっと時間をとれるようにしていきたいです。
1年生のテストが終わり、2年の次のテストへと向けて各教科もっと点数をのばしていけるように、この勉強のやり方を続けていきたいです。


南生田中学校1年 Yさん 前期中間テストMVP

5教科 驚異の450オーバー!!

今回のテストは初めての定期テストだったけど、テストの前から少しずつ復習をしていくことと、テスト前の2週間で練習問題をたくさん解いていくことで、テスト本番でも問題を解くことができました。
色々な種類の問題を解くことや勉強をするときにメリハリをつけること、普段からコツコツ勉強をして積み重ねていくことでテストでいい点数をとることができました。


菅生中学校2年 Rくん 後期期末テスト

お見事5教科100点以上UP!!

前までのテストでは、一週間前から1日2時間弱程の勉強しかしておらず、点数も平均をそこそこ上回る程度でした。でも、今回のテストに関しては、受験に関わっていたので、二週間前から一日4時間以上勉強しました。その結果、英語や音楽はほとんど100点、他の科目も80点ぐらいになれました。苦手な教科もそこそこいい点数を取れました。この点数が取れたのは自分の努力もありますが、やはりs-Liveが大きく影響していると思います。二週間前から勉強することによって、その勉強の基礎から応用まで広い範囲で、とりくめて解けない問題やわからない事などは人に聞くことができ、集中を削ぐようなものが一切ないこの塾で勉強することが、テストの点の向上につながったと実感します。s-Liveに入る前のテスト勉強がバカバカしくみえる程、今回のテストは勉強が身になったことがわかります。テスト直前のおいこみ方に無駄がなくみっちり勉強できる空間で最大限の学習ができ、1日1日どんどん記憶に定着していきました。今回の勉強方法は間違っていなかったと思うので次回のテストは今回の分よりも多くの時間、自分をおいこんで今回のテストよりもいい点数になることを目標に勉強していきたいです。


2017年前期期末テスト 生田中学校1年 Nくん

英語84点 理科80点

ぼくは国語の漢字や理科、社会などの暗記系がにがてだったので、塾でもらったテキストでべんきょうしました。数学などはわからない所は先生に聞いていてテストの日にはわからないものがなく受けることができたのでテストはとくことができました。


2017年前期期末テスト 南生田中学校2年 Uさん

数学88点 英語80点 社会80点
全教科点数大幅アップ!!

今回、理科、社会が今までよりも点が高かったです。
苦手だった理科、社会は1ヶ月前から毎日やって、覚えるまで何回もノートに単語をかいて、確認テストでできているのかを見て、できていないところはもう一度やってのくりかえしをしました。
テスト前日には、テスト範囲のテストをしたり、テキストや教科書を読んだりしました。
数学は苦手だった連立方程式の利用を、できるようになるまでやり続けました。
あと、前々回のテスト期間では夜更かしをしてしまって、あまり当日のテストで発揮できなったのですが、今回は早く寝て朝早く起きて勉強をしました。


2017年前期期末テスト 南生田中学校1年 Yさん

驚異の9教科9割突破!!

今回のテストでは、5教科では基本問題に多く取り組んでから応用の問題を解くことで、テスト本番でも基本も応用も両方落ち着いて取り組むことができました。
前回のテストの反省を生かして、余った時間で1度だけではなく時間の限りで見直しをすることでうっかりミスを確実に減らすことができたので良かったです。
期末の実技教科では、テスト前に配られたプリントの問題を何度も繰り返し解くことで、テストで実際に出たところが多く、点数を取ることができました。
特に美術の穴うめ問題で覚えたことがかなりテストに出てきたのでよかったです。
テストでは全体的に、前回よりもミスが減って、社会などの暗記系の問題でも点数を取ることができました。


2016-2017 冬期講習体験記 南生田中3年 Mさん

私は今回、12月22日から1月9日まで、休みを除き12日間にわたって冬期講習を受講しました。
冬休みに突入する前に、先生から始めて冬期講習の説明を聞いたときは、まずはじめに思い浮かんだ率直な感想は「キツそう」でした。
今まで塾に入会したこともなく、家で自分のペースで勉強をしたことしかなかった私にとって、1日9時間も勉強をするのは初めてのことでした。
そして、それが数日続くということだったので、自分が耐えられるのか、どこまで力を身につけられるのかと不安ばかりが募っていきました。
でも、「勉強して知識を身につけて、無駄になることなんかない」と前向きな気持ちをもって挑戦することを決めました。
そして、冬期講習開始日を迎えました。最初の3日間ぐらいはm慣れない勉強時間と苦手教科に苦戦し、終了時間を迎えるころには、心身ともに疲れきっている状態でした。
しかし、少しずつ労基講習のスケジュールに慣れてくると、時間内にやるべきことを終わらせることができるようになったり、むしろ時間より早く終わらせ、
どんどん先の勉強をすることもできるようになりました。そういうことができるようになると、達成感を感じることが出来て、心にも余裕ができました。
心に余裕ができると、先生に渡されたものや言われたものをやるだけでなく、自分で課題を見つけるようになりました。
具体的に取り組んだ課題としては、国語の小説文と論説文、数学の計算問題の基礎復習と空間図形、英語の長文読解と文法の基礎復習、理科の地学と物理、社会の地理と公民、細かくあげればもっとあります。
苦手科目が中心ではありましたが、得意な科目にも取り組みました。その結果、得意科目は正解率が上がったり、より早く解けるようになり、
苦手科目は今までにできなかった系統の問題が解けるようになったり、応用問題に取り組めるようになりました。
私はこの冬期講習で学力だけではなく、勉強に前向きに取り組む姿勢や、効率の良い勉強法も身につけることができたと思っています。
この経験が無駄にならないように入試までの残り少ない時間で、苦手教科は勿論、得意教科も更に知識を身につけ、応用問題にむけて発想力も高めていきたいです。
そして、入試問題に慣れるために過去問にも取り組み、第一志望校合格を目指します!


2016-2017 冬期講習体験記 長沢中3年 Yさん

冬期講習が始まる前は、朝から夜まで塾で勉強なんて絶対ヤダ、めんどくさいと思ってた。
だけど、私の場合、冬期講習がなければ、家でゴロゴロしてるか友だちと遊んで勉強なんてせずに無駄な時間を過ごしていたと思うから今では冬期講習が朝から夜まであってよかったと思う。
冬期講習の前はできないところとか意味わかんなくて理解できていなかったところがたくさんあったけど、先生がたがわかるまで教えて下さったので、
できなかったところやりかいできていなかったところもだいぶ1人でもできるようになった。特に数学がもともと苦手で、全然できなかった単元がたくさんあったけど、
いくつかの単元は1人でもできるようになったところが増えた。
今後は苦手な教科の単元を少しでも多く減らせるよう頑張ろうと思う。
入試までもうほとんど時間がないから、苦手な単元を全部なくすのは無理だと思うけど、
時間を有効活用して入試本番で1点でも多く点数を取れるように時間を無駄にせず入試本番まで頑張ろうと思う。


2016-2017 冬期講習体験記 南生田中1年 Uさん

今回の講習は自分の苦手な単元を毎日1時間半やることできちんと理解することができました。
毎日同じ時間に同じ時間だけやるので集中することもできたので良かったです。
苦手な方程式の利用も、今まで自分で式を立てることができなかったけど、今回の講習でできるようになりました。
今後、わからないところを少しだけやるのではなく、今回のようにじっくりやってきちんと理解するまでやるようにしていきたいです。
方程式の利用の式の立て方を忘れないように毎日少しずつやっていきたいです。
前回のテストでの方程式でたくさん点数を落としてしまったので、次のテストでは点数をなるべくとれるようにしたいです。


2016-2017 冬期講習体験記 南生田中3年 Rさん

冬期講習は今回がはじめてだったけれど、講習の少し前から先生と予定を立てたりして、自分に合う時間割が作れました。
冬期講習でも今までとは変わらず、楽しくて明るい雰囲気の中で勉強できました。自分の苦手なところを先生たちと解いていけたので、より身についたと思います。
1回1回の休憩も充分にあったので、気分をリセットして、次の授業を受けることができました。受験まで残り1ヵ月と少ししかないので、通常の授業でもっと頑張っていきたいと思います。