全てに即答出来ます

講師のつぶやき

ナイチンゲールのすごさ

こんにちは!!
s-Liveの宮岡です。

 

みなさんは、ナイチンゲールという人物をご存知でしょうか?

 

白衣の天使、クリミアの天使などとも呼ばれ、やさしそうな人物像を想像している方が多いですが、彼女はとてもタフな人物でした。

 

彼女はクリミア戦争という戦争に従軍していた際、
責任者にシーツを大至急用意するように要求しました。

 

軍は規律を重んじますから、許可というものを重要視します。

 

そしてその許可を出す機会というのも、決まった会議でしか出すことが出来ず、

そもそも100%許可が下りるものでもありません。

 

上司はその場に在庫があるものの、許可を出さずに、彼女に対して、
在庫を保管している箱は、正式な会議で許可が下りなければ開けられないと説明しました。

 

その言葉に激怒したナイチンゲールは、拳で箱を破壊し、

 

「許可なんか下りなくてもあくじゃないですか!!」

 

といってシーツを根こそぎ持っていったそうです。

 

すさまじいエピソードですね。

彼女は医療に対して、2つの大きな変革をもたらしました。

 

彼女は貴族階級の出身であり、そんな苦労をしなくても悠々自適に生活できるはずの階級でした。

 

しかし、彼女はその地位を自分のためではなく、世の中のために振るいました。

 

よくよく考えてみれば、坂本竜馬も、ゲバラも、世の中をかえるために奔走した人物というのは、意外と豊かな生活を送れるはずだった人物が多いです。

 

そして彼らに共通するのは、自分の人生、命を何のために使うのか。

 

これを真剣に考え、文字通り、命をかけて駆け抜けていきました。

 

私たちも、自分のためではなく、世の中のために何が出来るか。
自分の命をどう使うのか。

 

考えてみることは、非常に重要なのかもしれません。