全てに即答出来ます

講師のつぶやき

正負の数の計算のポイント

小学生から中学生になり、一番最初に学ぶ数学は正負の数です。

この正負の数、足し算・引き算のときと掛け算・割り算のときの

計算方法が全く違うということに戸惑う生徒も多いです。

 

これを正しく理解するためには、「足し算・引き算」と「掛け算・割り算」

の違いについて抑えなくてはいけません。

 

「足し算・引き算」とは簡単に説明すると「移動」です。

0から見たときに、プラスの方向へ移動するのが足し算、

マイナスの方向へ移動するのが引き算です。

 

ですので、数直線と矢印を使って考えることが出来ます。

しかし、「掛け算・割り算」は「合体」です。

 

二つの数字の特徴を、文字通り掛け合わせることなので、

数直線では表現するのが面倒になってきます。

 

料理でたとえるとわかりやすいかもしれません。

掛け算・割り算はジュースです。

 

ですので、最初にしっかりと調理(=計算)を済ませておかなくてはなりません。

調理がすんで、全てが料理となったらどれから食べてもかまいません。

 

だから足し算・引き算は負の数を習った後なら、どこから計算しても大丈夫です。

なかなか学校の先生は教えてくれない考え方ですが、

生徒たちにはわかりやすいといってもらえることの多い解説です。

(文字だけだとなかなか伝わらないかもしれませんが…)