全てに即答出来ます

講師のつぶやき

スキマ時間の活用法

早速ですが、みなさんは週にどれくらい勉強をしていますか?

部活がない日だけ…という人から毎日忙しくて全然していない…という人、すごい人だと毎日何時間もやる!という人まで色々な人がいると思います。

 

  ただ、中学生や高校生のうちは部活や学校行事が忙しくて、なかなか机に向き合って勉強する時間を確保する事は難しいですよね。私も(もうだいぶ前のことになりますが…)そういう時期がありました。


 ただ、そういうとても忙しい時でも「全く勉強をしない日がある」ということはなるべく避けたいものです。
  なら、どうすればいいのでしょうか?

 

  私は中高生時代は「毎日数分でもいいから必ず何か勉強する」ことを心がけていました。

 

  机に向き合って何時間もやらなきゃ…と高いハードルを、忙しい日にまで用意する必要はありません。(そういう高いハードルを常に作っておくと「今日はまとまった時間がないから勉強しなくていいや」という思いにつながることもあると思うので…。)

 

その代わりに、  忙しい日でも、「学校に行く前に数学を3問だけ解いてみる」「通学時間に単語帳を数ページ見る」「寝る前に授業のノートを読み直す」などの少しの時間でできることを毎日絶やさずやるという目標を立ててみてはどうでしょうか。

 

  そういった10分くらいの少しの時間を私は「スキマ時間」と読んでいます。

きっと日常の中でも少しだけ手が空く時間というのは必ずあると思います。

そういったスキマ時間をうまく使って、毎日少しでも勉強する習慣をつけるときっと色んなところで(勉強以外の場面でも)役に立ちますよ!

 

  ただ、これは忙しくて勉強に手が回らない時の話なので、時間がある時にはちゃんと机に向き合って勉強する時間を意識的に作りましょうね!